FC2ブログ
うどん ラーメン 美味いお酒と旨い肴 写真メインの飲み食べブログ

2021/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/04

伊勢屋
201006-伊勢屋-019-S
by G7XMrak2

10月6日火曜日の神戸麺活二軒目は・・・・・

はい、↑ ココです !!!





201006-伊勢屋-002-S

神戸市兵庫区下祇園町の 「伊勢屋」 さん。

な んじゃこりゃぁあ~❕ 😱 って思われる方が大半だと思いますが

ちゃんとした現役の麺類食堂なんですよ。

ほら、暖簾も出てるでしょ!

看板の文字、見えますか?

えっ!見えない?

よ~く目を凝らすと、見えてきます、見えてきます・・・・

左から「うどん」、「寿し」、「中華」って書いてあるでしょ?

それにしても創業60余年、あの阪神淡路大震災にも耐えた建物というから凄い。




201006-伊勢屋-003-S

では、恐る恐る店内へ入ってみましょう。

先客はお一人、店主は店内右側の厨房に。

店内には岡持が沢山ありますが、今でも出前をされているそうです。

あっ、もちろん店主さんから写真撮影の許可得て撮ってますよ。




201006-伊勢屋-004-S


201006-伊勢屋-005-S


201006-伊勢屋-006-S


201006-伊勢屋-007-S


201006-伊勢屋-008-S


201006-伊勢屋-009-S





201006-伊勢屋-010-S

店内中央のテーブル席に着くと、冷たい麦茶が供されました。




メニュー紹介

201006-伊勢屋-011-S

ビニールがかぶされているので、反射して見ずらいですね (^^;

それにしても随分とお安い!




201006-伊勢屋-001-S

いただいたのは「しのだ」 370円です。

関西では「きつねうどん」の事を「しのだ(信太)うどん」というお店が結構あります。

これは平安時代の高名な陰陽師安倍晴明の「葛の葉狐」伝説の中の一首

「恋しくば尋ね来て見よ和泉なる信太(しのだ)の森のうらみ葛の葉」からきているそうです。




201006-伊勢屋-012-S

昆布が良くきいた旨味たっぷりの熱々のお出汁に

しっかりと味付けされたキツネ揚げが二枚。




201006-伊勢屋-013-S

関西のうどんらしい、角の丸いふんわり柔らかいうどんは、お出汁を吸って美味しい~♪




201006-伊勢屋-014-S

柔らかく炊かれたキツネ揚げも、うどんのお出汁と調和して実に旨し!



先ほどコチラのすぐご近所の「祇園寿司魚権」さんでうどんと寿司のセットを食べてきたので

結構腹パン気味ですが

この機会を逃すと、次いつ来れるかわからないので・・・・・




201006-伊勢屋-015-S

二杯目にいただいたのは「中華そば」 390円




201006-伊勢屋-016-S

具材は、たっぷりモヤシとチャーシューとネギ。

写真をよく見てみるとスープが偏ってるのわかります?

もちろんスープが傾く訳はなく、テーブルが傾いているんですね ( ´艸`)




201006-伊勢屋-017-S

ほどよく化調がきいたスープに、歯ごたえの良い細ストレート麺で

昔ながらの味わいって感じでしみじみと美味しいなぁ~



あぁ~美味しかった! 来てよかった! 大満足 !!!




201006-伊勢屋-018-S

食べ終わり、支払いを済ませてお店を出ようとして

ふと、コンクリ打ちっぱなしの床を見たら・・・・ 😸猫ちゃんの🐾足跡がっ!




兵庫県神戸市兵庫区下祇園町18-6 「伊勢屋」

TEL 

営業時間 11:30~19:00頃

定休日 不定休

駐車場 無

電車でGO! 神戸市営地下鉄西神山手線「大倉山駅」徒歩15分





 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック