FC2ブログ
うどん ラーメン 美味いお酒と旨い肴 写真メインの飲み食べブログ

2019/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/04

池内うどん
181130-池内-001-S
by iPhoneXs & G7XMrak2

181130-池内-01-S

11月30日金曜日は今年18回目の讃岐のうどんツアー

二軒目の丸亀市飯野町の 「純手打うどん よしや」 さんを後にして

三軒目は綾歌郡綾川町の 「池内うどん」 さんです。

早朝7時より営業している看板が無ければ見過ごしてしまいそうな

ディープなうどん店というか製麺所というか・・・・・

駐車場なんかありません

お客さんはお店と反対側のちょっと広くなっている路側に路駐です ^^;

ところでお店の入り口、どこかわかりますか?

自販機の左横?




 
181130-池内-02-S

いえいえ

じゃ看板の左横のドア?




181130-池内-03-S

いえいえ

ふくろうの暖簾があるところが入口ですが、初めての方にはわかりずらいですよね~




181130-池内-04-S

人一人が通られるぐらいの細い通路を入っていくと、池があってまるまると太った大きな鯉が泳いでいます。

たぶんお客さんが、うどんを餌にやっているに違いありません。




池内

通路を右側に曲がると、突き当りに製麺室があり、うどんの注文ができます。

製麺室の前にはテーブルがあってここでうどんをいただく事もできます。




メニュー紹介

181130-池内-05-S

お値段はうどんもそばも基本の一玉220円で、追加一玉110円、球数で注文します。




181130-池内-06-S

「アベック !!!」と注文すると

「うどん」と「そば」を一玉ずつ丼に入れていただけます。

「純手打うどん よしや」さんでは、うどんとそばのミックス「うそ」をいただきましたが

「池内うどん」さんでは「アベック」です ( ´艸`)




池内4

ネギをのせていただき、手前の鍋に入った濃い目のぶっかけ出汁をかけていただき代金を支払います。




池内3

薬味の粗挽き唐辛子をのせていただきましょう。

この粗挽き唐辛子は結構辛いのでお気を付け願います ^^;




181130-池内-07-S

「アベック」 330円

冷たい麺にぬるいぶっかけ出汁のようなものが丼の底に入っている「ひやぶっかけ」?

うどん一玉とそば一玉のコラボ、通称 『アベック』 !!! です。

二玉ですので結構ボリュームありますよ!

トッピングはネギと唐辛子のみで、ネギが最初から載っていて、唐辛子は自分でご自由に。

玉子や天ぷらなどのサイドメニューはありません。

なぜか・・・ラーメン鉢が使われていますね~(笑)
   
メニューは「うどん」か「そば」の「熱いの」か「冷たいの(そのまま)」を

ぬるいぶっかけ出汁か生醤油でいただきます。

まあ元々は製麺所であり、軒先で打ちたてのうどんとそばを食べさせていただくということです。




170909-池内うどん-011-S

製麺室の前のテーブル席

コチラで座っていただくも良し、先程の通路に並べられた椅子でいただくのも良し、立って食べるのも良し

お箸は新品の割り箸ではなく、割り箸を洗って使い回し・・・・気になる方はマイ箸持参を! ^^;




181130-池内-08-S

うどんもそばもかなりコシの強い剛麺です。

うどんとそばを一緒に口の中に入れると、かなり面白い食感と味で美味しい~♪

製麺所のうどんの出来立はかなり固めなのは、お店に卸して販売する時間を考えての事でしょう。

丼の底に入っている「ぶっかけ出汁」は、かなり辛めでこれはこれで剛麺にマッチしている。




181130-池内-09-S

入り口横のコチラのベンチでもいただくことができますが

道路に面しているのでちょっと恥ずかしいかな ^^;




181130-池内-10-S

池内さんを後にして讃岐のうどんツアー恒例の「道の駅滝宮」でお土産タイム。

あいにく中山支配人はお休みだったのですが・・・・・・

あ休み中にたまたま所用で道の駅に寄られお会いすることができ

記念写真をパチリ!




香川県綾歌郡綾川町牛川487-1  「池内うどん」

TEL 087-878-0139

営業時間 7:00~14:30(麺が無くなりしだい閉店)

定休日 月曜日

駐車場 無
 
電車でGO! 琴電琴平線「陶駅」徒歩40分




関連記事


 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック