FC2ブログ
うどん ラーメン 美味いお酒と旨い肴 写真メインの飲み食べブログ

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

GORKA NOODLE NEO ゴルカ ヌードル ネオ
181014-gorkanoodleneo-12-S_20181027165338e65.jpg
by G7XMrak2

181014-gorkanoodleneo-01-S.jpg

10月14日日曜日の夜の麺活は

播州百日どりの産地兵庫県多可町の黒豆収穫祭の帰り

JR片町線鴫野駅近く、10月15日にリニューアルオープンされる

「ゴルカ麺」改め、「GORKA NOODLE NEO (ゴルカ ヌードル ネオ)」 さんのレセプションに

このお店をプロデュースされた井上ロードさんからお招きいただき参加させていただきました。




 
181014-gorkanoodleneo-02-S.jpg

マスターのナビンさんが日本のラーメンに感銘を受け

古郷ネパールのカレーと融合させたラーメン店が悪戦苦闘。

そんな折にフードクリエイターの井上ロードさんと出会い

二人で新しい形のスパイスラーメンを完成させたのがコチラのお店。




181014-gorkanoodleneo-03-S.jpg

店内は黒を基調としたシックな内装。

厨房前のカウンター七席と奥に四人掛けのテーブル一席。

奥のテーブル席に五名で座り、五杯のラーメンをシェアしていただきました。




メニュー紹介

181014-gorkanoodleneo-04-S.jpg

四種類のラーメンが基本で、ランチセットもあるようです。

タンドリーチキンやラッシーがあるのもネパールらしい?




181014-gorkanoodleneo-05-S.jpg

おススメの「ゴルカ スパイス ヌードル」 ってこんなに沢山の具材が入ってるんですね!

「レンコンの素揚げ」が「ゴボウの素揚げ」ってなってるのがご愛敬 ( ´艸`)




181014-gorkanoodleneo-11-S_20181027165336265.jpg

「ゴルカ スパイス ヌードル」 1,080円

淺利の出汁キーマとチキンマサラのエスプーマあいがけラーメン。

先程書いたように、丼の周りにいろんなスパイスや具材が乗っているので

食べる場所によって味の違いを楽しみ、徐々に混ぜながら最後はオールミックスでフィニッシュするスタイル。




181014-gorkanoodleneo-07-S.jpg

京都の「麺屋棣鄂」さんのフスマ入りの麺。

マイルドでありながらエスニックでスパイシーなスープと良く絡んで旨い!




181014-gorkanoodleneo-12-S_20181027165338e65.jpg

「ゴルカ スパイス ヌードル」 全部盛りSP 1,500円

さらにチャーシューやチーズなどのトッピングが増えエスニック的豪華絢爛って感じ(意味不明) !!!




181014-gorkanoodleneo-09-S.jpg

全盛りSPには「替え飯」も付きまっせ!




181014-gorkanoodleneo-10-S.jpg

具材の入ったスープをかけていただくも良し!




181014-gorkanoodleneo-11-S.jpg

食べ終わったスープに投入していただくも良し!


ホント、これは今までにない、新境地のスパイスヌードルです !!!


他にいただいたのは・・・・・




181014-gorkanoodleneo-12-S.jpg

「鯛と塩の泡白湯ラーメン」 880円

鯛の旨味を感じる、クリーミーに泡立てた白湯ラーメン。




181014-gorkanoodleneo-13-S.jpg

「魚介香る醤油ラーメン」 680円

魚介の風味を生かした懐かしくも新しい王道の醤油ラーメン。




181014-gorkanoodleneo-14-S.jpg

「鯛と塩の潮ラーメン」 780円

鯛と鶏の風味に、ほのかに柚子が香る優しい潮ラーメン。




大阪府大阪市城東区鴫野西5-15-11 「GORKA NOODLE NEO (ゴルカ ヌードル ネオ)」

TEL 06-6969-8220

営業時間 11:30~14:30 17:00~24:00 金土祝前日は~25:00

定休日 不定休

完全禁煙

駐車場 無

電車でGO! JR片町線「鴫野駅」徒歩2分


 
関連記事


 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック