FC2ブログ
うどん ラーメン 美味いお酒と旨い肴 写真メインの飲み食べブログ

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

韓国料理 カナアン
180602-韓国家庭料理カナアン-025-S
by G7X


180602-韓国家庭料理カナアン-001-S


180602-韓国家庭料理カナアン-002-S

6月2日土曜日の夜は

鶴橋の隠れ家的韓国料理家庭料理のお店 「韓国家庭料理 カナアン」 さんへ

なかたこさん 中谷さん主催の 「JRで行く!絶品韓国料理ツアー !!!」 にお誘いいただき

大阪メトロに乗って参加させていただきました。




 

メニュー紹介

180602-韓国家庭料理カナアン-003-S


180602-韓国家庭料理カナアン-004-S

アルコール類は一切置いていません。

これはカナアンなぁ~(笑)

でも飲酒禁止ではありません

飲みたければ自分で買ってきて持ち込むスタイルです (^^)v

持ち込んだアルコール類は冷蔵庫に入れさせていただけますのでご安心を。




180602-韓国家庭料理カナアン-007-S

近くの酒屋さんで仕入れてきたサントリー ザ・プレミアム・モルツで




180602-韓国家庭料理カナアン-008-S

カンパ~イ!

今回私が持ち込んだのは、缶ビールとマッコリ

お料理は常連客の なかたこさん 中谷さんにおまかせです。




180602-韓国家庭料理カナアン-005-S

「自家製キムチ」




180602-韓国家庭料理カナアン-006-S

「ナムル盛合せ」




180602-韓国家庭料理カナアン-009-S

「キンパ」




180602-韓国家庭料理カナアン-010-S

今回ご参加のメンバーさんから地ビールの差し入れ ヽ(^o^)丿




180602-韓国家庭料理カナアン-011-S

「ヤンニョムチキン」

甘辛の味付けでビールがススム君です( ´艸`)




180602-韓国家庭料理カナアン-012-S

「北新地ビール」

という事で、地ビールを一口ずつ味見させていただいたんですが・・・・

なかたこ 中谷さんがサーブしてくれるんですが・・・・

都度、儀式があるようです (笑)




180602-韓国家庭料理カナアン-013-S


「海鮮チヂミ」

分厚いのにふんわりと焼きあがっていてめっちゃ美味しい~♪




180602-韓国家庭料理カナアン-014-S

「九十九里オーシャンビール IPA」




180602-韓国家庭料理カナアン-015-S

「ホルモン炒め」

う~ん白ご飯が欲しくなる!




180602-韓国家庭料理カナアン-016-S

白ワインもいただいちゃいました <(_ _)>




180602-韓国家庭料理カナアン-017-S

「九十九里オーシャンビール ペールエール」




180602-韓国家庭料理カナアン-018-S

「参鶏湯」

ご存知サムゲタン!




180602-韓国家庭料理カナアン-019-S


180602-韓国家庭料理カナアン-020-S


180602-韓国家庭料理カナアン-021-S


180602-韓国家庭料理カナアン-022-S

鶏の中にはもち米やナツメ等などの具材が詰まっていて

さっぱりとした味わいの中に鶏の旨味とコクを感じ何杯でもいただける旨さです!




180602-韓国家庭料理カナアン-023-S

「 國乃長ビール 蔵アンバー」




180602-韓国家庭料理カナアン-024-S

「じゃが芋鍋(カムジャタン)」




180602-韓国家庭料理カナアン-025-S


180602-韓国家庭料理カナアン-026-S


180602-韓国家庭料理カナアン-027-S

エゴマの葉っぱがのったカムジャタンは、豚の背ガラがゴロっと入っていてめっちゃ旨し!


あぁ~美味しかった~! 腹パン大満足 !!!

そして、なんと驚くめっちゃリーズナボーなお勘定 ヽ(^o^)丿


幹事の  なかたこさん  中谷さん、ご一緒しただいた皆様ありがとうございました <(_ _)>

またぜひご一緒しましょう!




180602-韓国家庭料理カナアン-028-S





大阪府大阪市生野区鶴橋2-10-6 「韓国料理 カナアン」

TEL 06-6712-3670

営業時間 11:30~22:00

定休日 日曜日

駐車場 無

電車でGO! 近鉄大阪線鶴橋駅東口徒歩3分


 
関連記事


 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック