FC2ブログ
うどん ラーメン 美味いお酒と旨い肴 写真メインの飲み食べブログ

2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09

本家堅パン製造本舗 熊岡菓子店
171125-本家硬パン熊岡菓子店-001-S
by G7X


171125-本家硬パン熊岡菓子店-002-S

11月25日土曜日は今年13回目の讃岐うどんツアー

今回は神戸からジャンボフェリーで PAPUA御大と二人旅

二軒目の丸亀市飯野町の「純手打うどん よしや」を後にして

平成レンタカーでやって来た三軒目のお店は

善通寺市善通寺町の総本山善通寺門前にある 「本家堅パン製造本舗 熊岡菓子店」 さんです。

はい、うどん屋さんではなく、パン屋さん? お菓子屋さん? です。

到着したのは午前8時20分頃、お店は朝7時半から開店しています。





 
171125-本家硬パン熊岡菓子店-003-S

1896年(明治29年)11月3日創業、名物「堅パン」の販売で知られる店です。




171125-本家硬パン熊岡菓子店-004-S

「堅パン」とは日清戦争のころ、日持ちがして腹持ちもよいものという軍の要望に応えて作り上げた

いわゆる軍用食として開発されたものだそうです。

すぐ近くには旧陸軍11師団、今は陸上自衛隊善通寺駐屯地があります。





171125-本家硬パン熊岡菓子店-005-S

「堅パン」は写真左から「石パン」、「角パン」、「中丸パン」、「大丸パン」、「小丸パン」の五種類。

「堅パン」は午前中に売り切れる人気店だそうです。

という事で朝早くやって来たのに、すでに「大丸パン」は売切れです。

「堅パン」は、味も形も、もちろんその堅さも発売当時から変わっていないそうです。

小麦粉を手で練って、伸ばして、切って、並べて、焼上げ、乾燥させて出来上がる「堅パン」

機械を使うのは焼上げる工程だけで、後はすべて手作りなんだそうですよ。




171125-本家硬パン熊岡菓子店-006-S


171125-本家硬パン熊岡菓子店-007-S

レトロな木枠のガラスケースには昔からある懐かしいお菓子が沢山!

こちらは仕入れのお菓子だそうです。




171125-本家硬パン熊岡菓子店-008-S

バターケーキも美味しそう!




171125-本家硬パン熊岡菓子店-009-S

もちろんお土産に買って帰ります。




171125-本家硬パン熊岡菓子店-010-S

「石パン」はグラムの量り売り、後は一枚いくらのお値段です。




171125-本家硬パン熊岡菓子店-011-S

いやぁ~昔懐かしいレトロな紙袋に入れていただけます ヽ(^o^)丿




171125-本家硬パン熊岡菓子店-012-S


171125-本家硬パン熊岡菓子店-013-S

「石パン」 100グラム 180円

名前の通り石のような固さのパン! そのまま噛むと歯が欠けそうです ^^;

口の中で暫く転がし甘味と生姜の香を愉しむうちに、不意にほろりと歯で砕けます。

なんとも素朴で懐かしい感じで癖になる味わいです。




171125-本家硬パン熊岡菓子店-014-S

上から「小丸パン」、「角パン」、「中丸パン」




171125-本家硬パン熊岡菓子店-015-S

「小丸パン」 1枚 20円

口にくわえて歯でパリッと割っていただける固さ。




171125-本家硬パン熊岡菓子店-016-S

「角パン」 1枚 30円

こちらは砂糖がかかっていない分より素朴な味わいです。




171125-本家硬パン熊岡菓子店-017-S

「中丸パン」 1枚 50円

小丸パンに比べて甘さ控え目のように感じました。




171125-本家硬パン熊岡菓子店-018-S

お取り寄せ不可のここでしか売っていない善通寺の銘菓でした。




香川県善通寺市善通寺町3-4-11 「本家堅パン製造本舗 熊岡菓子店」

TEL 0877-62-2644

営業時間 7:30~17:00 [土・日・祝] 8:00~17:00

定休日 火曜日

駐車場 有

電車でGO! JR土讃線「善通寺駅」徒歩20分



関連記事


 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック