FC2ブログ
うどん ラーメン 美味いお酒と旨い肴 写真メインの飲み食べブログ

2021/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/09


by RX100

12月20日土曜日は、針中野の徳島ラーメンのお店「友翔」さんに行ってきました。

えっ! 昨日の事やないですかって? 

はい、いつもは熟成記事ばかりですが、こんなに早くアップするのは訳がありまして・・・・
 


徳島ラーメンには大きく分けて、白濁の豚骨スープを濃口醤油で味付けした「黒系」

白濁の豚骨スープを薄口醤油で味付けをした「白系」

一般的な清湯をベースとした中華風の「黄系」の三種類あるそうで

「黄系」は「支那そば系」とも言われ、その代表が鳴門の 三八 (さんば)さんです。

そんな黄系徳島ラーメンをいただきに針中野の 「友翔」 さんに行ってきました!


そう言えば以前は店名を「支那そば 友翔」と名乗り

黄色いテントにも 「支那そば」 と書かれていたのですが

今のテントには「支那そば」という文字は消されて「友翔」の書き直されていますね。

なにか不都合な事でもあったんですかね?








141220-yusyou-002-S.jpg


訳というのは、「友翔」さんが12月31日をもって閉店されるという事なので

それまでになるべく早く記事をアップしようと思ったからです。



実は2012年末に、十八年の歴史に終止符をうって惜しまれつつ一度は閉店された 「支那そば 友翔 (ゆうしょう)」 さん。


しかし甥っ子さんが、そのままお店を継承され、 「友翔 (ゆうしょう)」 さんとして2013年3月に復活されたんですが・・・・・




141220-yusyou-003-S.jpg


残すところ後10日ばかり・・・・・・・



1994年8月13日にOPEN!

「友翔」の由来

店主の高校時代の友人にラーメンの基礎を教えてもらった。

それが、徳島県鳴門市の名店「三八 さんぱ」であり感謝の意味で「友」を付けた。

「翔」は同志社大学の学生時代に司馬遼太郎の「翔ぶが如く」を呼んで以来好きになった文字。

店主は徳島県神山町出身。

同志社大学卒業後、20年間実兄の経営する家具店にて勤務。

それが、針中野の町との出会い。

奥さんは、徳島県貞光町の出身。看護士として20年間勤めた後に夫婦で「友翔」を始めた。


PAPUAさんのブログから転載




メニュー紹介

141220-yusyou-004-S.jpg


141220-yusyou-005-S.jpg


141220-yusyou-006-S.jpg




141220-yusyou-007-S.jpg

今回は初めての注文 「味噌ラーメン」 をいただきました。

豚骨・鶏ガラ・昆布・玉ネギ・ニンニク等をじっくり煮込んだ、とろみのある味噌味のスープは

旨みとコクがあってしみじみと味わい深いスープで美味しい~♪




141220-yusyou-008-S.jpg

具は、しっかりと肉の旨みが感じる豚モモ肉の叉焼、メンマ、モヤシ、ネギ。




141220-yusyou-009-S.jpg

ミネヤ食品製中太ストレートの熟成卵麺は、スープとも良く絡み歯応え良く旨い。




141220-yusyou-010-S.jpg


閉店までに一度いかがですか?



大阪市東住吉区針中野3-6-26 湯里ビル 1F 「友翔」

TEL 06-6706-2213

営業時間 11:30~14:30 18:00~22:00

定休日 火曜日

駐車場 無(近隣にコインパーキング有)

電車でGO! 近鉄南大阪線「針中野駅」徒歩3分
 
ホームページは コチラ





 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック