FC2ブログ
うどん ラーメン 美味いお酒と旨い肴 写真メインの飲み食べブログ
讃岐うどん 十四明

by RX100

8月10日・11日と一泊二日で、極楽うどんTKUの店主たかたかさんと二人で

「極楽名古屋ツアー」 に行ってきました。

二日目8月11日は、 こおろぎさんメリケンさん たかたかさん の四人で

レンタカーで愛知県豊明市の 「 讃岐うどん 十四明」 さんへ!

現地待ち合わせで、 アイロンさん もご一緒です。

「十四明」と書いて「とよあけ」と読ませます。たぶん・・・・「豊明」にかけているんでしょう。

お店の入り口左側に置いてあるピンクのバイクは、懐かしのカワサキZⅡ

入り口右側の立派なアジサイの鉢植えはアナベル?






 
140811-toyoake-002-S.jpg

私とたかたかさん以外の方々はご常連さんのようで、和気あいあいとした雰囲気です。




140811-toyoake-003-S.jpg

店内の壁にはいろいろと貼ってあります。




140811-toyoake-004-S.jpg

「十四明」さんの麺は 愛知県産小麦きぬあかり100% を使った手打麺だそうです。


愛知県の名物として知られる「きしめん」や「味噌煮込みうどん」。

しかし、原料となる小麦の産地はオーストラリア産のものが多く使われています。

地元産の小麦で、麺に適した小麦を作りたい。

その想いから愛知県農業総合試験所の研究チームが開発したのが、「きぬあかり」という新品種の小麦でした。

「きぬあかり」は麺にコシや粘りを生むたんぱく質“グルテン”を多く持ち、うどんに最適な強い粘りと弾力性があります。

その結果、外国産の小麦とブレンドすることなく、きぬあかり100%の麺が作れるようになったのです。

見た目は従来の愛知産の小麦と比べると、ほのかにクリーム色をしています。

麺に絹のような透明感があることから「きぬあかり」と名付けられました。

また、従来の愛知産の小麦より穂が長いことから収穫量が上がり、生産農家にとってもメリットがあります。

愛知県は4年後の2018年に、愛知産小麦のおよそ9割を「きぬあかり」にするといった計画を立てていて、

今後「きぬあかり」の生産と需要はさらに伸びていきます。


メ~テレ より引用




140811-toyoake-005-S.jpg

手打の「生ひや麦」ですか! これは気になりますね~




140811-toyoake-006-S.jpg

讃岐うどんのお店と言っても、だって愛知県だから!

冷凍うどんが、一玉60円とは安いです !!!




メニュー紹介

140811-toyoake-007-S.jpg


140811-toyoake-008-S.jpg




140811-toyoake-009-S.jpg

いろいろ迷うって注文したのが 「きしころ」




140811-toyoake-010-S.jpg

冷たい麺に冷たいお出汁の「ひやひや」の「きしめん」ですが!

「きしころ」とは別に「ひやひやきしめん」もあるそうです。




140811-toyoake-011-S.jpg

小麦の風味良く艶やかで滑らかな食感と喉越しで実に旨し!




140811-toyoake-012-S.jpg

手打の「生ひや麦」




140811-toyoake-013-S.jpg

「みそ煮込みうどん」

夏でも外せない愛知のうどん屋さんの定番メニュー




140811-toyoake-014-S.jpg

「しのだうどん」

奥に見えるのは! お揚げ+お揚げ?(笑)




140811-toyoake-015-S.jpg

今年6月に収穫された26年度産「きぬあかり」 を使った麺が10月から提供されているそうです。




140811-toyoake-016-S.jpg

お店の前の駐車場には看板が3枚も!



愛知県豊明市新田町吉池26-2  「讃岐うどん 十四明」

TEL 0562-93-6828

営業時間 11:00~14:30 17:00~19:45

定休日 土・日・祝

駐車場 有 (5台)

電車でGO! 名鉄名古屋本線「豊明駅」徒歩20分



 


 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック